2013年02月07日

2000円ハゲ。

この間のダフのイボ。
結局、毎日薬を塗って様子を見ていたけど、悪くもならないけど良くもならずのまま3週間ほどが過ぎた。
そしたら、昨日の朝、急に患部が赤く腫れ、なんかマズイ感じになっていた。
外は今年初の本格的な雪が降り、朝一番で病院に行きたかったのに、動けずにいた。
いつも昼間はほとんど寝ているダフなのに、このイボの腫れのせいで元気がなくて寝てるんじゃないかとか、弱ってるんじゃないかとか、良からぬ思いばかりが頭に浮かび、ドキドキしながら雪の止むのを待つ。
午後少しずつ雪が雨交じりになり、夕方にはほとんど止んだので、長女と一緒にT動物病院に連れて行った。

天気のせいか、他の患犬はいなかったので、すぐに診察室へ。
今日もまた自ら診察台にあがり、口輪もはめずに診察が始まった。
前回同様、普通にいきなり、ブイ〜ンとバリカンで毛を剃られるダフ。
そして、T先生、またまた躊躇なくグリグリと患部をつまんだ時だった・・・

  ブシッ・・・!!!

患部ののう胞が破けて、T先生の顔や白衣に吹き飛んだのだ…!!
ス、スプラッタ…がく〜(落胆した顔)
私と長女は、う〜っ・・・と思わず目をそむけた。
何があっても淡々としているT先生も「あ〜」と(でも冷静に)ティッシュで顔に飛んだ血をふきふき。
見てる私の方が「ちゃんと消毒しなくて大丈夫なんだろうか?」と心配になるほどささっと血をぬぐい、すぐにまた、ダフの患部を診るT先生。
すごい…
そしておもむろに取り出した小バサミ。

・・・まさか、ここでいきなり切開がく〜(落胆した顔)exclamation&question

動物病院の診察は、お任せじゃなくて、私が首輪を押さえてて、処置を目の前で見てる状態。
いくら私でも、看護師の資格があるわけではないから、外科的処置を目の前で見る勇気はない。
ひぃ〜と思ってたら、その前に長女がKO。
「ムリムリムリムリ・・・」とつぶやきながら、診察室から消えて行った。そりゃそうだ。
私だって、先生と看護師さんにお任せして、処置の現場から退散したい気持ちでいっぱいだったのだから。

とりあえず直視しないようにしよう、と思っていたら、やはり私の前で切開などするはずはなく、患部から生えた毛を取り除いたり、患部を少し広げ見たりするための、ピンセット代わりのような切れないはさみだったたらーっ(汗)
ふぅ〜

結局、傷のように開いた穴から毛が生えているから、傷口からは毛は生えないので、この渦みたいのは、奇形と考えた方がいいかな、と。たまに背中あたりにこういうのはできるけど、耳の上にできるのは珍しいから、これが神経につながってるのか、脳につながってるのか、その横にできたイボも、それによって取っていい場合と取ったら危険な場合があるから、と。
耳上の溝は鉗子の先が入るくらい深いけど、傷というより奇形であった穴が、なんらかの理由で膿んだと考えられる、と。
まわりの腫れが引いて、ジュグジュグしたのが治れば、特に切ったりしないでもほっておいて大丈夫なんですけどねぇ、と。
どこにつながってる穴で、ほっといて大丈夫かどうかレントゲンを撮るにしても、その穴が神経につながってるかもしれないから、神経に入っても大丈夫な造影剤を入れてレントゲン撮ることになるから、とりあえず、1週間抗生物質を飲んで、炎症が治まってからじゃないとできないとのことで、今日は飲み薬を頂いて終わる。

またしても、患部をグリグリしたりバリカンでブイーンてしたりした先生に、顔を寄せてフンフンと愛想をふりまくダフは、今日も頭をなでなでしてもらい「なかなかこんなふうに診せてくれる犬いないですよね」と先生に褒めて(?)頂くが、さすがに先生も「痛くないのかな?」と小さくつぶやいていたのを、私は聞き逃さなかった・・・。

やっぱり・・・ダフはバカなのか?痛点がないのか?おさかなちゃんなのか?

そして、診察台が下がり切る前に飛び降りようとしてこけて、笑いを取るダフ。
患部からうっすら血を垂らしながら、嬉しそうに尻尾を振ってるダフは、正直、ちょっとコワイ…。
なのにいつも通りに嬉しそうに、待合室で気絶しそうになってる長女に駆け寄り、飛びつこうとして、
「傷口をこっちに見せないで〜・・・」と拒否される。
だよね〜。

さすがに今日の患部はエグいので、患部を見えない様に写真を加工しようと思ったんだけど、どうやっても加工の仕方が分からなくなってしまったあせあせ(飛び散る汗)
ボカシもできなかったので、白黒で。

    ※こういうのが苦手な方は、お気を付け下さい!!

かなり、痛々しい・・・500円玉4枚分くらいのハゲ。
2013020601.JPG
左耳の上だけ、ちょっと寒いです…

帰ってから、ごはんと一緒にあげてください、と言われた錠剤をドライフードに混ぜてあげる。
パクパクパク!!
ドライフードじゃ、もしかしたら、薬だけのけるかなーと思ったけど、食いしん坊のダフはやっぱり薬の存在に気づきもしないで、一気に平らげた。
・・・バ、バカなのか・・・?
前に飼っていたマルチーズとトイプーは、やわらかい肉の缶詰に混ぜても、チーズにくるんでも、錠剤だけはペッと吐き出して絶対に騙せなかったから、薬を飲ませるのはいつも大変だったんだけど…

抗生物質とお腹の薬と塗り薬。いっちょまえです・・・。2013020602.JPG

かさぶたが痛々しいけど、早速薬が効いてきたのか、今日はだいぶ腫れも赤みも引いてきました。
早く良くなりますように・・・かわいい
posted by ラブラロール・レトリーラ at 15:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

10円玉ハゲ。

2か月以上更新サボってました。

その間に、こんなことや
20121210.JPG

こんなことや
20121220.JPG
(2階まで邪魔しに行ったら、メイク中だったので眉毛をかいてもらいました♪)

こんなことも
20121224.JPG
(一人サンタクローストナカイでし♪)

こんなことも
20121226.JPG
(へび年でし。長いものに巻かれる年になりますように?)

そしてこんな調子で
2012123102.JPG
(今日の海は大荒れです・・・でも入りたい・・・♪)

空白の2か月をホゲホゲと過ごしていたのですが。

  !!ここからは、お食事中の方、血液や傷の話に弱い方、ご注意ください!!
           (傷の描写や写真があります。)

めでたく年も明け、耳の辺りがかゆかったここ数日。
爪でひっかいたのだろうか?耳の上あたりに、かさぶたのような出血のあとが。
傷口をのぞいてみると、かさぶたのような血が固まったものが毛と一緒に盛り上がっている。
痛がりもしないので(やっぱり痛点に問題が?)、少し血のかたまりを取ってみた。
うーん・・・。なんだか、ただの切り傷とは違うような・・・。

次女にシャンプーしてもらって、もう一度傷口をよく見てみる。
なんか、えぐれたような傷口・・・。うぅぅ。
ほっとかない方がいいような傷の気がする。

というわけで、今日、久しぶりにいつものT動物病院に行ってきた。
前回のぶっとい注射4本の記憶も皆無のようで、ブンブン尻尾を振って絶好調で玄関を入って行くダフ。
受付で立ち上がってカウンターに手を乗せて「こんにちは〜」とばかりに勝手にあいさつ。
ダフの前には、19歳の高齢猫ちゃんが。ストールにくるまれて大事そうに抱っこされていた。ダフの後ろには、目の悪い真っ白な猫ちゃん。こちらはケージの中で「にぃ〜」と時々鳴いていた。
患猫ちゃんにも飼い主さんにも愛想をふりまきまくっているダフを見た、高齢猫ちゃんの飼い主さんに
「元気そうなのにねぇ。どこが悪いの?」と聞かれ、「イボみたいのができまして」と答えると、
あぁ〜、とその元気さを納得された。

ダフの番がきて、どうぞ〜と呼ばれ、尻尾を振ってガンガン診察室に入り自分から診察台に上るダフを見て、次の患猫ちゃんの飼い主さんの、あらあら、と笑う声が聞こえた・・・。
は、ハズい・・・。

患部を見るなり「パピローマかな?」とT先生。
何やら怖そうな名前・・・。
そして「ちょっと刈ってもいいですか?」とバリカンを取り出した。
「掃除機とかマッサージ器とかの音が苦手なので、大丈夫かな・・・」
と言ったのに、いつも注射してもノーリアクションのダフを信じ、口輪もはめず、T先生、一気に

ブイ〜ン・・・ジョリジョリ〜・・・

思いのほか音にビビることもなく結局されるがままのダフの頭に、あっという間に10円ハゲが。そして現れたえぐい患部。えぐれたような皮膚と、その横に小さなイボ。
うぅぅ〜。私一人で苦い顔をしっぱなし。

そのハゲが、あ、その患部がこちら。
20130115.JPG
毛を剃ったら、余計痛々しく見えるようになってしまった・・・。

いつもなのだが、T先生はよく匂いで判断をする。耳だれの時も、私たち飼い主ですら「ダフ、臭い〜」と息を止めて消毒したりするくらいの匂いでも、T先生はピンセットで患部を拭いた脱脂綿を何の躊躇もなく嗅いでいて、見てるだけのこっちが、うぅぅ・・・と思っていた。
そして今日も、患部を結構大胆にグリグリ拭いたりしこりを確かめたりした後、直接匂いを嗅いでいた・・・。先生、すごすぎますって・・・。
「○○○みたいな匂いだな」
病名らしきカタカナの言葉だったけど、よく聞き取れなかった・・・。

T先生は、いつも軽い話から最悪の事態まで話して下さる。丁寧でありがたいのだが、最悪の事態がとても怖い話なので、いつもしゅんとして帰るはめになる。
今日も、結局、まだイボが小さすぎて判断できないとのことだった。
このまま小さくなって消えるかもしれないし、良性のイボなら小さくならなくてもこのままなら全然問題ないと。だた、大きくなっていったりその速度が速いと、悪性だったりするとまだ若いから広がりやすいから、早く取ってあげないといけないと。
組織を取って病理検査に回すにはまだ小さすぎるそうだが、どっちにしてもこういうできものができたってことは、なんらかの炎症が起きたことは間違いないから、毎日よく見てて下さい、とのこと。
一週間や10日で大きくなるようだったら、すぐに連れてきて下さい、なんて言われたら、頭の中は「癌だったらどうしよう・・・」でいっぱいもうやだ〜(悲しい顔)
軽く「液体窒素で焼いてもらおう」くらいの気持ちで連れて来たのに、「最悪、腫瘍」というほんとに最悪の事態まで想定され、しゅんとなる私。

どうか、いつもみたいに「なんでもなくて良かった〜」と言えますように・・・。
飼い主の心、犬知らず。ダフはいつも通りに日向ぼっこで眠い(睡眠)爆睡中
posted by ラブラロール・レトリーラ at 13:35| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

ダフ、顔腫れる・・・!

一昨日、夕方の散歩から帰って来てから2時間ほど経った頃・・・。

なんか、ダフの目の周りが赤くなってる。
ダフ自身の様子に特に変りはない・・・。
でも、時間が経つごとに、目の周りの腫れが大きくなっていく。

なんか、変です・・・
20121027.JPG

この後、腫れはさらにひどくなり、目の周りにたらこ唇がくっついてるみたいに腫れあがった。
それから、鼻の周り、ほっぺた、耳、お腹、足・・・と腫れやじんましんのようなポツポツも出始めた。
完全にダフの顔でなくなっている。

家族も心配しつつ、
「ダフちゃん、大丈夫?・・・ブス・・・」
なんて、ちょっと笑っちゃうほどの人相。あ、犬相か。
ラブラドールの面影はなくなり、
「うち、シャーペイ飼ってたっけ?」
「あ、こんなところにボクサーが。」
腫れは、ひどくなる一方・・・。

ふと、2年前のダフたちが訓練に入る入学式の日、ダフの妹犬のディオのPWさんが、
「昨日、急に顔が腫れて大変だった。散歩中に強い草かなんかを食べたらしく、かぶれて、みたことないほどの顔になって、写真撮るのもかわいそうなくらいの顔だった」という話をしたことを思い出した。
拾い食いが直らないのが、共通の悩みだったダフたちの兄弟。(お姉ちゃん犬のドレミちゃんは別格)
きっと、散歩中になんか食べてかぶれたのに、間違いない!

夫は、ダフの珍しいボコボコ顔の写真を撮ったりしてたけど、本当に記録に残すのはかわいそうなほどのブサイク加減だったので、写真を撮るのはやめておく。

休日の夜だったので、かかりつけのお医者さんには連絡がつかないし、動物夜間救急に電話して症状を話してみた。
「症状だけでは何とも言えないですが、来院となると、とりあえずレントゲンと血液検査をして、診断によって投薬や手術などになるので、最低25000円かかると思って下さい」
・・・えっ・・・(*_*;?
そこまで重症じゃない気がする・・・。
ひたすらネットで調べてみる。
似たような顔のわんちゃんたちの写真が、あるわあるわ・・・。
かぶれに間違いない。でも、その対応は、犬さまざま・・・。

ダフはかゆみ以外は元気にしてるし、アレルギーのショック症状もなさそう。
ほんの少しずつではあるけど、目の周りの腫れは、引き始めてる。
とりあえず朝まで様子をみよう、という判断をして、寝かせた。

翌朝、ダフの顔は、すっかり元通りに。
良かった〜!

でも。ご飯を食べると、その1時間後くらいに全部吐く。
そして、すぐにそれを食べようとする・・・!!!
下痢はしていない。
夕方も、食後、吐く。
そして今朝も、食後吐く。

ダフはケロっとしてるけど、やっぱり吐くのはマズイので、今日の午前中、やっぱりお医者さんに連れて行った。
今は元気そうなダフだけど、胃になんらかの強い刺激があったのは間違いないから、吐くのはよくないことなので、吐きとめの注射をしてもらうことに。

準備を終えて、戻ってきた先生の手には、直径2センチくらいの極太注射器が・・・!!
ひぇ〜。思わず、私が声をあげてしまった。
予防注射の度に、痛点がないのかと思うほど大人しくチクンとされてるダフも、さすがにこれは・・・!

背中の皮をビロ〜ンと伸ばして、ブスリ・・・注入〜・・・
うぅぅ・・・
ダフは、私の腕にあごを乗せたまま、大人しくしている。
看護師さんも先生も「偉いね」と褒めてくださる。
さらに、小さい注射を左足もも辺りにチクン・・・
「次の2本は、ちょっと痛いんです。しっかり頭、押えてて下さい・・・」
「チョビコ、頑張れ〜・・・」
ダフの頭を抱えながら、頑張れ頑張れ、とダフに励ましの声をかける私と看護師さん。

チク〜・・・
・・・ダフ、ノーリアクション・・・
「あれ?痛くないの?」
先生も「相当痛いと思いますよ」と苦笑い。
最後の一本も、チク〜・・・
結局、終始ノーリアクションのダフ、先生もびっくりな注射のされっぷり。
「よく頑張ったね〜。偉いね〜」と、また先生と看護師さんに褒められて頭をなででもらって、無事終了。

注射のせいで、今日はちょっと元気がないと思います、という先生のお話通り、帰ってきたら、日向ぼっこしながら爆睡。
20121029.JPG
ちょっと、ダルイです・・・

しばらくは、卵の白身をゆでたのを10円玉サイズくらいしかあげちゃダメって。
(ヨーグルトとかの乳製品は、こういう時、犬にはNGだそうだ)
食いしん坊のダフ、耐えられるか?!
食いしん坊だから、散歩中に変なもん食べてこういうことになったんだから、ま、自業自得ですけど。

そうそう、診察前にダフの体重測定してもらったら、約29キロになってた!!!
半年前より、2キロ増!!
これを機に、ダイエットだ、ダフ。
長生きするためにも、頑張ろう♪

明日には、いつもの元気なダフに戻りますようにかわいい
posted by ラブラロール・レトリーラ at 15:26| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

はぴば♪

一昨日10月8日は、ダフ3歳のお誕生日だった。
おめでとぅ〜バースデー

というわけで、普段は味気ないドッグフードだけのご飯だが、今日はデザート付き!
「かぼちゃの豆乳ムース」
ぴかぴか(新しい)cake 3th.JPG

「おいしそ〜」と、まず次女がちょこっと味見。
「普通においしい〜グッド(上向き矢印)
「マジで?!」長女も味見。
「普通に食べたいんだけど!」
コラコラ。
ダフの誕生日ケーキを横取りしようとする子どもたち・・・。
ダフが下から恨めしそうに見ているから早くあげなさい、と子どもたちからムースを取り上げる。

器に入れて、下に置こうとするのに、いつもと違う匂いを嗅ぎ取ったダフは、いつもの10倍速で鼻をフゴフゴ言わして、器に顔から突っ込んでくる・・・。
行儀悪いな。お里が知れるよ。
・・・うちがお里ぢゃん・・・ふらふら

一応、ちゃんと待てる様子。
「ウェイト・・・」
wait.JPG
早く〜早く〜犬ダッシュ(走り出すさま)

「2秒でなくなるな・・・」

「OK!!]
shokugo.JPG
ぱく。
秒殺がく〜(落胆した顔)exclamation×2

「えぇ〜っexclamation&question
一秒もたたずに、見事な一飲み。
食べたダフですら「今、なんか食べた?」って表情で、辺りを探している・・・。
年に一度のお楽しみなんだから、もっと味わって食べなよ〜。

そんな呑気な誕生日を迎えていたダフの元に、翌日、東日本盲導犬協会から、年に一度の協会だより「絆」が届いた。
早速中を見てみると・・・。
doremi.JPG

やっぱり!!!
ダフのお姉ちゃん犬「ドレミちゃん」が盲導犬「ドレミ号」としてデビューし、ユーザーさんと新しい生活を始めたというニュースが載っていた!!
どれみちゃん、かっこいい!!
ダフとそっくりな顔なのに、どこかキリリとした表情でユーザーさんの横に付いているドレミちゃん。
誇らしいるんるん

そんな記事をよそ目に、ソファーで呑気に丸まっているダフ・・・。
そんなことでいいのか、ダフ!?
盲導犬「ダッフィー号」になることを夢見ていたんじゃないのか、ダフ!?
走ってる夢見て寝ながらピクピクしてるだけでいいのか、ダフ〜!?
20121010.JPG
いいんです♪これで、いいんです♪

・・・ってカビラの真似してる場合かーっ。

今度の休みは、ドッグランで特訓だ・・・。
犬てへ。やですよ。
posted by ラブラロール・レトリーラ at 12:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

仲良し・こよし♪

相変わらず、エアコンの風が一番届くソファーの上で、しかもひんやりシートまで独占して昼寝三昧のダフ。
のんき過ぎるやろー。

そのダフにいつも寄り添っているクマさん(本当は長女の湯たんぽカバー)。
この時期ちょっと見た目は暑苦しいけど、脱力系のツーショットは撮り放題!

いつも一緒♪
201208220947000.jpg
「・・・ぐぅ〜眠い(睡眠)

爆睡中〜
201208221015000.jpg
「・・・ぐぅ〜眠い(睡眠)

寄り添い♪
201208230809000.jpg
「・・・くぅ〜眠い(睡眠)

内緒ばなし・・・
201207271714000.jpg
「・・・寝てる顔がぶしゃいくです・・・?失敬なっ!」

白くまくんのマチコも内緒ばなし・・・
201208211453000.jpg
「鼻がすっぽり入りすぎです・・・」

結局のところ、いつも爆睡してるダフは何をしても怒らないので、ダフで遊びたい放題ってことでした。
posted by ラブラロール・レトリーラ at 09:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。