2013年01月15日

10円玉ハゲ。

2か月以上更新サボってました。

その間に、こんなことや
20121210.JPG

こんなことや
20121220.JPG
(2階まで邪魔しに行ったら、メイク中だったので眉毛をかいてもらいました♪)

こんなことも
20121224.JPG
(一人サンタクローストナカイでし♪)

こんなことも
20121226.JPG
(へび年でし。長いものに巻かれる年になりますように?)

そしてこんな調子で
2012123102.JPG
(今日の海は大荒れです・・・でも入りたい・・・♪)

空白の2か月をホゲホゲと過ごしていたのですが。

  !!ここからは、お食事中の方、血液や傷の話に弱い方、ご注意ください!!
           (傷の描写や写真があります。)

めでたく年も明け、耳の辺りがかゆかったここ数日。
爪でひっかいたのだろうか?耳の上あたりに、かさぶたのような出血のあとが。
傷口をのぞいてみると、かさぶたのような血が固まったものが毛と一緒に盛り上がっている。
痛がりもしないので(やっぱり痛点に問題が?)、少し血のかたまりを取ってみた。
うーん・・・。なんだか、ただの切り傷とは違うような・・・。

次女にシャンプーしてもらって、もう一度傷口をよく見てみる。
なんか、えぐれたような傷口・・・。うぅぅ。
ほっとかない方がいいような傷の気がする。

というわけで、今日、久しぶりにいつものT動物病院に行ってきた。
前回のぶっとい注射4本の記憶も皆無のようで、ブンブン尻尾を振って絶好調で玄関を入って行くダフ。
受付で立ち上がってカウンターに手を乗せて「こんにちは〜」とばかりに勝手にあいさつ。
ダフの前には、19歳の高齢猫ちゃんが。ストールにくるまれて大事そうに抱っこされていた。ダフの後ろには、目の悪い真っ白な猫ちゃん。こちらはケージの中で「にぃ〜」と時々鳴いていた。
患猫ちゃんにも飼い主さんにも愛想をふりまきまくっているダフを見た、高齢猫ちゃんの飼い主さんに
「元気そうなのにねぇ。どこが悪いの?」と聞かれ、「イボみたいのができまして」と答えると、
あぁ〜、とその元気さを納得された。

ダフの番がきて、どうぞ〜と呼ばれ、尻尾を振ってガンガン診察室に入り自分から診察台に上るダフを見て、次の患猫ちゃんの飼い主さんの、あらあら、と笑う声が聞こえた・・・。
は、ハズい・・・。

患部を見るなり「パピローマかな?」とT先生。
何やら怖そうな名前・・・。
そして「ちょっと刈ってもいいですか?」とバリカンを取り出した。
「掃除機とかマッサージ器とかの音が苦手なので、大丈夫かな・・・」
と言ったのに、いつも注射してもノーリアクションのダフを信じ、口輪もはめず、T先生、一気に

ブイ〜ン・・・ジョリジョリ〜・・・

思いのほか音にビビることもなく結局されるがままのダフの頭に、あっという間に10円ハゲが。そして現れたえぐい患部。えぐれたような皮膚と、その横に小さなイボ。
うぅぅ〜。私一人で苦い顔をしっぱなし。

そのハゲが、あ、その患部がこちら。
20130115.JPG
毛を剃ったら、余計痛々しく見えるようになってしまった・・・。

いつもなのだが、T先生はよく匂いで判断をする。耳だれの時も、私たち飼い主ですら「ダフ、臭い〜」と息を止めて消毒したりするくらいの匂いでも、T先生はピンセットで患部を拭いた脱脂綿を何の躊躇もなく嗅いでいて、見てるだけのこっちが、うぅぅ・・・と思っていた。
そして今日も、患部を結構大胆にグリグリ拭いたりしこりを確かめたりした後、直接匂いを嗅いでいた・・・。先生、すごすぎますって・・・。
「○○○みたいな匂いだな」
病名らしきカタカナの言葉だったけど、よく聞き取れなかった・・・。

T先生は、いつも軽い話から最悪の事態まで話して下さる。丁寧でありがたいのだが、最悪の事態がとても怖い話なので、いつもしゅんとして帰るはめになる。
今日も、結局、まだイボが小さすぎて判断できないとのことだった。
このまま小さくなって消えるかもしれないし、良性のイボなら小さくならなくてもこのままなら全然問題ないと。だた、大きくなっていったりその速度が速いと、悪性だったりするとまだ若いから広がりやすいから、早く取ってあげないといけないと。
組織を取って病理検査に回すにはまだ小さすぎるそうだが、どっちにしてもこういうできものができたってことは、なんらかの炎症が起きたことは間違いないから、毎日よく見てて下さい、とのこと。
一週間や10日で大きくなるようだったら、すぐに連れてきて下さい、なんて言われたら、頭の中は「癌だったらどうしよう・・・」でいっぱいもうやだ〜(悲しい顔)
軽く「液体窒素で焼いてもらおう」くらいの気持ちで連れて来たのに、「最悪、腫瘍」というほんとに最悪の事態まで想定され、しゅんとなる私。

どうか、いつもみたいに「なんでもなくて良かった〜」と言えますように・・・。
飼い主の心、犬知らず。ダフはいつも通りに日向ぼっこで眠い(睡眠)爆睡中
posted by ラブラロール・レトリーラ at 13:35| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ダフちゃん、心配ですね。きっと大丈夫ですよ。お祈りしています。
12日にパピークラスでディオちゃんのパピーウォーカーさんと一緒のクラスになりました。えんよりちょっとお姉さんのデュロンちゃんというかわいい女の子でした。
20日はえんとスマークに行く予定です。
Posted by ドレミママ at 2013年01月15日 22:43
ドレミママさん、こんにちは!
ディオのPWさんも再びPWされているんですね!
みなさん、すごいですね〜
4月のふれあいデーには協会に行きたいと思っています!
Posted by ダフマム at 2013年01月21日 16:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。