2012年06月08日

お散歩がてら・・・

お散歩だよ〜とダフを呼び、出かける準備。
何も知らないダフは、いつもの如く嬉しくて一瞬もじっとしていられないグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
↓ブレ過ぎて、透き通っちゃってる・・・。
201206080933000.jpg

いつもと違う散歩コースなのに、何の疑いもなくご機嫌なダフ。
そして、行き着いた先は・・・
T動物病院病院
そう。今日は狂犬病の予防注射とフィラリアの薬をもらいに。
T先生には、前に飼ってた犬ももちろん、ダフがパピーとして家にいた頃からお世話になっていて、何でも丁寧に説明して下さる優しい先生。
何度も注射を受けに来てるけど、ダフは全く躊躇なく病院に入っていく。
同じく狂犬病の注射をしに、黒いワンコがいた。
ダフのせいなのか、注射されることを察知してなのか、その黒いワンコは、必死で滑る床をかいていた。
飼い主さんが書類に記入している間、T先生がそのワンコと遊んであげていたが、完全に降参状態で、言葉通り、尻尾を丸めてしゃがみこんでいた。
診察室に入ってからも、ガシャン。ゴトゴト・・・と、ドアはきっちり閉められていたが、何とか逃げ出そうとしている必死なワンコの様子が窺えた。

その音のする診察室のドアを見つめて、順番を待つダフ。
201206080953000.jpg
「何してんだろー」

順番が来て、尻尾を振って意気揚々と診察室に入っていくダフは、前回(4月)の注射の記憶がないのだろうか?
診察台に自ら上がり、ちょこんとおすわり。まずは体重測定。
「体重、26.8キロですね」
むむ・・・2〜3キロオーバーだ。
聴診器をあてられ、ニコニコしながらT先生の顔を見上げて、頭をなでてもらうダフ。
「おとなしいねー」と褒められる。
内弁慶め。
いよいよ注射。
背中の皮をビヨンと引っ張り、チクリ。そして注入・・・。
ダフ、ノーリアクション・・・。
毎度のことだけど、ダフには痛点がないのか?魚なのか?(絶対犬だけど)
暴れられるよりはいいけど、毎回注射のたびに「もしかして、バカなの?」とちょっと心配になる。

受付で会計をしている間も、次々に入ってくる患犬の飼い主さんたちに愛想をふりまき、隣で受付してる人の足に急に鼻をくっつけて「冷たっ!」と驚かせたり、ライオン丸になっているワンコ(傷口をなめないように首に付けられる円錐型のカバーを付けてる)に寄って行って引かれたり・・・ダフはそこそこ楽しんで、病院を後にした。

狂犬病予防注射済の鑑札ももらった。
今年はブルー。(去年は赤)
201206081029000.jpg

フィラリアの薬は、30キロの犬分、ということで、10キロ用+20キロ用のをもらう。
チュアブルタイプを6カ月分。
201206081025000.jpg
これで12,000円也・・・。(消費税別)

帰ってから早速フィラリアの薬をあげる。
おやつと勘違いして、ものすごくきちんと待つダフ。
薬を持ってる手から視線が外れない。
201206081026000.jpg
ビーム出ちゃってる。

もう一粒。味が分かってるせいか、一粒目より目がキラッキラしちゃってるぴかぴか(新しい)目ぴかぴか(新しい)
こんなカメラ目線の写真は、普段はなかなか撮らせてもらえない・・・。
201206081026001.jpg

一瞬で飲みこんで、ハイ、投与終了〜。

薬の箱を片付けると、もうもらえないと分かったようで、冷たい床で涼を取りつつ、いつも通り爆睡・・・。
ダフ、のんきだね。
お疲れ様でした〜



posted by ラブラロール・レトリーラ at 11:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

たる〜ん。

201206050936000.jpg
朝のお散歩でも、かなり汗ばむ陽気になった。
帰って来て、水をたっぷり飲んだら、すぐこの有様…。
ソファーからちょっとはみ出して、重力のままのくちびる。
よだれたらさないでね…。
posted by ラブラロール・レトリーラ at 09:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。